ギャル降臨!

どーも、信純です。

 

当寺院の桜が満開を迎えて、

心も華やかになり、

なんとなーく浮かれ気分で

頭の中までお花畑になりつつある

今日この頃です(笑)

 

さて、今回のタイトル

その名も…

 

「ギャル降臨!」

 

お寺にあるまじきタイトルでしたね。

スイマセン(>人<;)

 

 

つい先日のお話ですが、

世間でいう「ギャル」

来山されました。

20代前半の方でしょうか。

久々に若い方とお話しする

機会があり、少しばかりテンションが

上がっておりました。

(ギャル好き僧侶ではありませんよ…たぶん笑)

 

なんせお寺は若い方はなかなか

縁遠くて、お迎えする私共も

ご年配の方をご対応することが

多くなりまして…。

 

決して悪い意味ではないのですが、

お墓参りなど両親やご親戚のお参りに

って限られるので、そうなってしまうのです。

 

先日来られたその「ギャル」

ご供養にということで来山されました。

 

人は見た目ではありませんが、

私はビックリしました。

「こんな方でも供養されるんだぁ〜」

と感心しておりました。

 

私は今年、36歳になりますが、

大学時代の友人たちに聞いても…

A:「じーちゃんばーちゃんがしてるからよくわかんない」

B:「なんか家では仏壇とかに親が手合わせてるねぇ」

くらいしか返答がありませんでした。

僧侶の友人ですらこの程度です。

供養やお参りをするのに、

年齢・性別、信仰歴の深さや長さは関係ありません。

「ギャル降臨」と書きましたが、

お参りをされている姿や

手を合わせて供養する心は

まさに『女神さま降臨』

のようでしたよ。

 

供養する形や人に老いも若きもありません。

供養を届けたい相手は、

お父さんやお母さん、

おじいちゃんやおばあちゃん、

中には水子さまもおられるでしょう。

 

同じように供養する【まごころ】が

いちばん尊くてありがたいものだなぁ〜と

改めて感じる出来事でした。

 

みなさんもお墓参りやご供養に足を運ばれる際、

「そんな格好じゃダメッ!」

って注意を受けること

ありますよね?

姿、形は二の次でも大丈夫です。

「まごころ」を第一に

徳純院では快くお迎えいたします。

どうぞ、お気軽に足を運んで、

「まごころ」を届けに来てください。

合掌

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

電話・メールでお問い合わせ

092-672-5075
(受付時間 9:00 〜 17:00)
FAX 092 - 672 - 5079