何事もなくてよかった。

どうも信純です。

日中は日差しの強さが私の頭皮を

攻撃してくる季節になってきました。

ジリジリと焼けるような、、、

ボウズ頭にはツラい季節到来です(笑)。

 

さて、今回は信純家に起きた

悲劇のご紹介です。

本当はこんな内容を書きたくなかった…(泣)

 

というのも、我が家の愛車が無残な姿に変貌。

 

妻の実家にいるときに、

妻:「クルマ移動してくるね〜」

クルマが邪魔になるからと言って

早10分が経っても帰ってこない…

と思っていたところに妻から電話が。

妻:「ちょっと…来て。」

信:「どうした〜?事故ったぁ〜!?(冗談混じり)」

妻:「ガンッ!!って音がした。」

「そして取れたみたい…。」

信:「派手にやっとるやないか〜いっ!!笑」

「まぁ、仕方ないよ、怪我はしてない?」

「形あるものはいつかは壊れるからね」

「まぁ人轢いてなくてよかったよ!」

妻は私の言葉に「ありがとう」と「ごめんね」

と言ってきました。

 

一瞬『えっ!?!?!!』となりましたが、

本当に人を巻き込んでなくてよかった!!!

 

先日、無事に我が家の愛車がキレイになって

帰宅されました☆(パチパチ〜)

 

それからというもの、

妻はハンドルを握る前には必ず

どんなに急いでいても、

「なむあみだぶつ、なむ…」

と小さくお唱えしてから

運転するようになりました。

 

 

「災い転じて福と為す」

(ヨミ:わざわいてんじてふくとなす)

クルマは傷がつきましたが、

仏さまへ帰依する心は更に強くなりました。

また、安全運転の意識もグイッ

と上がりました。

 

他人事ではなく、私自身も安全運転を

しっかりと見直す良い機会になりました。

 

事故は起こしてしまったけれど、

クルマは傷ついてしまったけれど、

怪我もしてないし、

人も巻き込んでないし、

何事もなくてよかったぁ〜!!

 

ホント仏さまに助けてもらったなぁ〜と

痛感する出来事でした。

 

人を轢いていたら…

死亡事故でも起こしていたら…

想像するだけでも恐ろしいです。

 

巻き込まれた人も家族や環境が

ガラリと変わってしまうし、

人身事故になっていたら、

私たち家族もバラバラになる。

 

見えないところで仏さまは、

私たちを守ってくださっています。

信じるも信じないもアナタ次第。

 

とにかくみなさん、

これから夏に向かって

開放的な気分になることも

多いかもしれません。

 

みんなで安全運転。

気をつけましょうね!!

 

では、また!!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

電話・メールでお問い合わせ

092-672-5075
(受付時間 9:00 〜 17:00)
FAX 092 - 672 - 5079